FT8 国内周波数

2018-03-21_ft8

JT65に引き続き、2017年中ごろから人気急上昇中のデジタルモード“FT8”、あちらこちらで話題になっていて、もう「それが何だか」は説明の余地はないようです。
昨年あたりからFT8を運用するための変更申請(届)が総合通信局に殺到するという社会現象まで生み、ついに平成30年3月2日、総合通信局は変更工事設計の一部の記載を省略できると発表しました(くわしくはこちら)。
この手の処理を「外部委託」してるのかは分かりませんが、とにかく変更届やら申請がたくさんきて大変だったそうです。私もここ1年で5件以上、変更届を出していますからそれに加勢した感じです。

閑話休題。
FT8を始めたうちは海外がよく見えるので、面白がってモニタしたり呼んで交信したりしていたのですが、最近、国内の状況が気になり国内QSO向けの周波数である7MHzの様子を探ってみました。
今のところ7041kHzをJT65とFT8で共用しているようです(2018年4月現在)。
実際は、DF 1500Hzあたりを境に上がFT8 下がJT65で使われているナという印象を受けました。ところが、他の多くのバンドや7MHzの海外QSO用周波数では JT65で使う周波数の2kHz下がFT8で使われています。何で国内向けの7MHzは2kHz下を使わないのかと思ったらWSPRが7038.6kHzから上を使っているのですね。
(2019年3月追記:現在はFT8がほとんどで、JT65での交信はほとんど行われていません)

私自身はのんびりとJT65をやるのも好きで、家で持ち帰りの仕事をしながら、時々画面を見て気が向いたらCQを出している局を呼んでます。そんなノリで運用するのも可能なJT65やFT8、なかなかいい感じです。

(参考)JT65/FT8運用周波数メモ (すべてUSBモードで運用)
1.909MHz(JT65/FT8 日本)
3.531MHz(JT65/FT8 日本)
3.570MHz(※JT65 DX用) 、3.573MHz(※FT8 DX用)
7.041MHz(JT65/FT8 日本)
7.074MHz(※FT8 DX用) 7.076(※JT65 DX用)
10.136MHz(FT8)、10.138MHz(JT65)
14.074MHz(FT8)、14.076MHz(JT65)
18.100MHz(FT8)、18.102MHz(JT65)
21.074MHz(FT8)、21.076MHz(JT65)
24.915MHz(FT8)、24.917MHz(JT65)
28.074MHz(FT8)、28.076MHz(JT65)
50.276MHz(JT65)、50.313MHz(FT8)
50.323MHz(FT8/大陸が異なる海外との交信用、日本×アジアはNG)
144.460MHz(JT65/FT8 日本)
430.510MHz(JT65/FT8 日本)
1296.60MHz(JT65/FT8 日本)

※ 「DX用」の周波数は国内局同士の交信は禁止

2018年4月現在の情報です

★ 参考情報:2019年6月現在
〇  移動運用局のコールサインについて
 WSJT-X JTDXソフトウェアにおいて、いわゆる移動局のコールサイン([コールサイン/移動エリア] で記述する場合)は /P にセットしないと「/」付きコールサイン局同士の交信ができません。

移動する局において常置場所以外で運用する場合、[コールサイン/移動エリア]というコールサイン表記で運用したい場合、 JA1QSY/P などのように /P を付したコールサインでの運用が適するようです。運用場所はCQを出す合間や73やRR73を送った後などにフリーテキストで「JA1QSY/1 C100106」などのようにJCC/JCG番号で送ると良いと思われます(詳細:CQ ham radio 2019年4月号 p.181)。
 /P 付きコールサインはLoTWではコールサイン証明書の追加(詳しい説明はこちら[外部サイト])、eQSL.ccではアカウントの追加が必要となるので扱いがちょっと面倒になるかもしれませんが、ログ・データ管理上も移動する局/しない局かどうか仕分けやすいというメリットもありそうです。

★その他の細かい追加情報:
・1296.60MHzでの実運用が確認できましたので「未確認」を外しました。
・参考の50MHz JT65の周波数が間違えていたので正しいものに修正しました。
・参考に50MHz 大陸間通信用周波数を追加しました。
・HFや50MHzバンドでCQを出す場合、CQは xx分15秒、xx分30秒のタイミングで出されることをお勧めします(WSJT-Xの場合、Tx/Even/1stのチェックボックスを外してCQを出すだけでOK)。