Chrome Remort Desktop でリモート・シャック


図 Desktopをまるごとリモート、WSJT-Xで遠隔運用中の様子

FT8やJT65運用のメリットの1つに「リモート環境と相性がイイ」という点がありますよネ。やり方は簡単で、普通にリグ・コントロール・ソフトとWSJT-Xなどの狭帯域デジタルモードのアプリ、CWで運用したいならDSCWのようなCWソフトをセットアップしてPCの遠隔操作アプリでまるごと遠隔操作する、という環境を作ればことが足りるワケであります。
ワタシ自身、かつてはVNC、最近まではTeamViewerを使っていたのですが、このほどGoogleのChrome Remort Desktopに入れ替えました。メリットは、チームなんちゃらで出てくる「商用利用なら買え」が出てこない(私は商用利用ではない)、「Chrome Remort Desktopのほうが軽い」、「至ってシンプル」そしてChrome Desktopでも「遠隔操作される側のPCの音声が聞こえる」からです。
Ghrome Remort Desktopデメリットは、「リモート中です」の表示が出て消せないこと、「細かい設定ができない」ことぐらいでしょうか。

Chrome Remort Desktopのやり方のメモをポストしておきます。

■ 遠隔操作する側とされる側に Chrome Remort Desktopアプリをセットアップする

セットアップ手順概要
(1)Google Chromeをセットアップしてgmailアカウントを取得
http://google.co.jp
(2)そのGmailアカウントでGoogle Chromeをログインさせる
ChromeをGoogleアカウントと紐づけさせる設定を行います。
(3)アプリを追加
Chrome Remort Desktop でググると出てきます
(4)アプリを起動
chrome://apps/ とURL入力覧に入力すると一覧に出てくるので起動
(5)マイコンピュータの「利用を開始」をクリック
するとソフトのダウンロードとセットアップを促されるのでセットアップ
(6)マイコンピュータの「リモート接続を有効にする」をクリック
するとPIN番号の設定を促されるので6桁以上で入力(数字だけでもOK)
リモートするパソコン(リモートされる側ではない)ならこの作業は不要。

■ リモートするとき
(1)chrome://apps/ を開く
(2)Chrome リモート・デスクトップを開く
(3)マイコンピュータにリモート可能なPCの一覧があるのでそこから選ぶ
(4)リモート開始

■ セットアップのツボ

・遠隔操作する側、される側全てにChrome Remort Desktopをセットアップする
・遠隔操作する側、される側全て同じGoogleアカウントでログインする
・Chrome Remort Desktopのマイコンピュータ機能で使う
・GoogleアカウントへのログインはChrome自体もログインさせる

■ 動作環境の細かい点
・リモートする側での音量は、リモートされる側の音量調節と連動する
当然、リモートされる側のスピーカも鳴る、鳴らしたくない場合は、外部スピーカをつないでMuteしておく。
・Google Remort Desktopは常駐する
遠隔操作される側のパソコンの電源をオフにしたり、スリープになると遠隔操作できなくなる(これはTeamViewerでも同じ)
・音声は一方通行(これは確認中)
遠隔操作する側からされる側に音声は送れない…、これができればPhoneでもリモートオペレーションができる可能性があるのですが、経験上、実際にオペレートするときの音声伝送は専用ソフトが良いです(例えばJVC Kenwoodの ARVP-10R/-10Hなど)

■ まとめ

このパソコンまるごと遠隔操作的なシステムを構築しておくと、リグコントロール・ソフトがあってPTT操作がソフト上でできるのなら、PCとリグをつなぐインターフェース(FT-991やIC-7100、その他最近の大型固定機などPCとUSBやLANでつなぐ無線機はインターフェースが不要。必要な場合はYAESUのSCU-17がお勧め)を用意すれば「無線設備の遠隔操作」ができちゅいます。あとはインターネットで音声を伝送する手段でしょうか。私自身、以前はSkypeとかを使っていましたが、ICOMのRS-BA1、JVC Kenwoodのそれで音声系のオペレートを行えたのでそれを使っています。
音声の遅延も遠隔操作される側に光ファイバ回線を引いておけば、音声の遅延もネット回線とマシンパワーの向上の恩恵を受けられたからか、あまり気にならないレベルです(あくまでも私の環境下で)。光ファイバもある時期、国策でそこら中に引かれたようなので、結構なところまで伸びているようです。
本当にイイ時代になりました。

■ アパマン・ハムの苦労とおさらば?

最近は別宅シャックを用意するのも夢ではなくなっているのではと思います。というのも、現在、少子高齢化、地域産業の衰退、首都圏への一極集中で郊外では空き家増加が問題視されています。嘆かわしいことも多いのですが、郊外の土地が意外とお求めやすい。郊外でしたら固定資産税評価額や路線価のほうが高い地域がザラでしょう。いる場所から3時間以内に行ける場所に遠隔シャックを作って遠隔オペレートで遊ぶのもアリかもしれません。実家の利用もアリでしょうし。

現実的な話としては、更地に建物を建てようと検討し始めると建築コストが安くはないことに気づきます。建物本体のほかにライフラインを引き込んだり、郊外は下水が整備されていなかったりして浄化槽を設置が必要なところも多いです(条件付きで補助金が出たりしますが)。
でも、シャックと割り切って更地にプレハブ(軽量鉄骨)、ログハウス、トレーラー・ハウスを検討してみると意外と安くできちゃうのでは、と思っています。中には自作しちゃう人もいるようですよ(笑)

FT8 国内周波数 どうなる?

2018-03-21_ft8

JT65に引き続き、2017年中ごろから人気急上昇中のデジタルモード“FT8”、あちらこちらで話題になっていて、もう「それが何だか」は説明の余地はないようです。
昨年あたりからFT8を運用するための変更申請(届)が総合通信局に殺到するという社会現象まで生み、ついに平成30年3月2日、総合通信局は変更工事設計の一部の記載を省略できると発表しました(くわしくはこちら)。
この手の処理を「外部委託」してるのかは分かりませんが、とにかく変更届やら申請がたくさんきて大変だったそうです。私もここ1年で5件以上、変更届を出していますからそれに加勢した感じです。

閑話休題。
FT8を始めたうちは海外がよく見えるので、面白がってモニタしたり呼んで交信したりしていたのですが、最近、国内の状況が気になり国内QSO向けの周波数である7MHzの様子を探ってみました。
今のところ7041kHzをJT65とFT8で共用しているようです。
実際は、DF 1500Hzあたりを境に上がFT8 下がJT65で使われているナという印象を受けました。ところが、他の多くのバンドや7MHzの海外QSO用周波数では JT65で使う周波数の2kHz下がFT8で使われています。何で国内向けの7MHzは2kHz下を使わないのかと思ったらWSPRが7038.6kHzから上を使っているのですね。

技術的な評価は別として、2kHz離しているのは何らかの理由があるはず。だったらいっそのこと、FT8は2kHz上(7043kHz)で出ればいいのでは?とも思います。
でもそうするとデジタルモード区分の上端(7045kHz)が迫ってくる。
そして、リグを7043kHz/USBに合わせてFT8で運用する場合、国内交信はDF 2,000Hz以下でという制約がもれなく付くことになる?

DF 2000だと区分境から上にはみだす、 でも一応、アマチュア・バンドプランの区分の上端は下の区分に含まれ、キャリア周波数を区分境(上端)に立ててはみだすのはOKとなっています(29.30MHz/FMで送信できるのはこれが根拠、逆に区分の下端にキャリアを立てるのはNG)、前回のバンドプラン改訂時、周波数委員会の委員でしたが、検討会議の席で「はみだし可という考えで良いのか、はみだし不可だと多くの区分境を奇数周波数にしないと現状と矛盾するので、多くの区分境界周波数を変更しなければならないのでは」と会議のときに申し上げ、JARLでも総務省でも「はみだし可」という結果で一致している。そしてキャリア周波数(SSBはキャリアが抑圧されているが)を区分境界周波数(上端)に合わせて送信しても良いとされています(但しアマチュアバンドと他のバンドの境界ははみだし禁止)。
事実上、7048kHz/LSBで運用する局と混信する恐れがありますが、FT8だと0.1kHzはみだす程度ですから影響はほとんどないと思われます。たとえあっととしても混信回避義務(すでに通信中の局に混信するような電波を送信してはイカン)で解決という感じです。

これが面倒なら、10kHz下がって、7031kHzにするという手も? WSJT系だけではなくてRTTYや他のモードの運用も考えると、なかなか大変そうです。
さて、今後はどうなっていくのでしょうか。

私自身はのんびりとJT65をやるのも好きで、家で持ち帰りの仕事をしながら、時々画面を見て気が向いたらCQを出している局を呼んでます。そんなノリで運用するのも可能なJT65やFT8、なかなかいい感じです。

(参考)JT65/FT8運用周波数メモ (すべてUSBモードで運用)
1.909MHz(JT65/FT8 日本)
3.531MHz(JT65/FT8 日本)
3.570MHz(※JT65 DX用) 、3.573MHz(※FT8 DX用)
7.041MHz(JT65/FT8 日本)
7.074MHz(※FT8 DX用) 7.076(※JT65 DX用)
10.136MHz(FT8)、10.138MHz(JT65)
14.074MHz(FT8)、14.076MHz(JT65)
18.100MHz(FT8)、18.102MHz(JT65)
21.074MHz(FT8)、21.076MHz(JT65)
24.915MHz(FT8)、24.917MHz(JT65)
28.074MHz(FT8)、28.076MHz(JT65)
50.310MHz(JT65)、50.313MHz(FT8)
144.460MHz(JT65/FT8 日本)
430.510MHz(JT65/FT8 日本)
1296.60MHz(JT65/FT8 日本)※未確認

※ 「DX用」の周波数は国内局同士の交信は禁止

2018年4月現在の情報です

JT65-HF 21MHz 10WでDX

2016-05-12
5月12日未明。何とか仕事のピークが過ぎたので、とにかく電波をだそうと企んでいたJT65-HFで遊んでみることに(免許関係の変更届けはすでに「済み」)。
部屋の掃除や片付けをしながら、夕方からずーっとJT65のソフトを21MHzで動かしたまま放置していたのですが、日付けが変わったころ※、ふとモニタに目をやると、Uゾーンやヨーロッパがわんさか見えているではないか!
ダメもとで「CQ局コール」ボタンを押したら応答あり(笑)
送信出力は「10W」。アンテナはVDP。イタリアの局でしたが、自分にとっては嬉しい1QSOでした。なんだかハマりそうです。
※JT65-HFソフトの時間はUTC表示です。

システム構成
PC:デジノス DG-STK2F
ソフト:JT65-HF ver 1.0.9.3 Japanese Edition

FT-991でリモート(とJT65)運用環境を構築

07
RMRADIOというFT-991用リグコントロールソフト(JA2GSVさん作)と、JT65-HFをセットアップしてみました。例によって、USBケーブル1本でリグとPCをつないだだけの環境です。
このPC自体をTeamViewer(音声伝送も対応)で遠隔操作すれば、マイクが必要なモード以外ならば速攻で遠隔操作運用に対応できます.例えば,CW/RTTY/PSK/JT65など.
スマホやタブレットでもTeamViewerのアンドロイドOS版を使って遠隔操作と受信音声をモニタできることも確認.

マイクを使うモードで運用したい場合はTeamViewerの会議機能またはSKYPEと組んでMOXキーを使えばイケます.私の環境ではSKYPEが最も遅延なくスムーズにいけるほか,スマホでも快適に動作しています。

気になる点は遠隔操作される側のPCにパワーが必要なことでしょうか.デュアルコアCPUマシーンか,Celeronでも2GHz以上ないと動作が怪しいです.

設定のポイントは ,FT-991のメニュー設定とPCのサウンド設定です

・リグとPC間のデータスピードを38400bpsに設定する(RMRRADIO動作の動作のため)
・RTTYやCWキーイングがPCでできるようにしておく(過去記事参照)
・PCのサウンド設定は,コンパネのオーディオを開いて,マイクのプロパティにある「このデバイスを聴く」にチェック(これでFT-991の受信音をリモートPC側に伝送できる)

FT-991とPCをUSBケーブル1本でつなぐだけでここまでデキるんですから,超便利です.あとは,リグ・コントロール・ソフトの充実に期待でしょうか

ちなみに,遠隔操作で電波を出すには、無線局免許の工事設計についての変更「届け」が必要です。JT65も同様。総合通信局直接申請でOKです。どうかお忘れなく(そのうちやりかたをUPする予定)。

YAESU FT-991でCWキーイングとCW復調~PC利用・超簡単~

78af369e157cf9bc0f1d6621f701511b
PCとFT-991をUSBケーブルでつないで、CWデコード&キーイング・ソフトウェアを入れ、FT-991の設定をちょっと変更するだけで、快適なCW運用環境が実現できます。
やりかたは簡単!
先に紹介したRTTY用の設定に加えて、FT-991のSETUPメニューの 060 PC KEYING をRTS に設定するだけ。これによりパソコンでCWが打てるようになります。
キーイング&デコード(復調)ソフトのお勧めは JA3CLMさんの DigitalSoundCW。
 
http://www.geocities.jp/JA3CLM/
このソフトの設定メニューにある COM設定をStandard COM Portの番号(デバイスマネージャで調べる)に設定して、KeyControl設定をRTSにするだけで、CWのキーイングまでできちゃいます。
超快適です。写真は解読中のようすです。
自分は基本的に手打ち、耳と脳でデコードするのが基本なのですが、パイルアップに挑むときはさすがに手打ちはキツいので(笑)

YAESU FT-991でRTTY ~USBケーブルでつなぐだけ~

017cc65e419ee7e9078c4042ebe8f6c8

最近活気があるデジタルモード(RTTYやJT65)。「サウンドカード内蔵リグ」ならUSBケーブル1本でPCとつなぐだけで運用できるらしい。そこで、実際にやってみました。
例によって持ち帰りの仕事が多いのですが、その合間にちょっと…
サボるなと怒られそうですが(笑)

とりあえず今日は八重洲のFT-991でうまくできたので、備忘録を兼ねて要点のみメモ。
次回はIC-7100でやってみます。

【備忘録その1】 ソフトウェアのセットアップ
(1-1)FT-991のUSBドライバをYAESUのWebで入手してセットアップ
セットアップすると仮想COMポートができる。CP210x USB・・・ Enhanced がCAT用、StandardがRTSやDTSでPTTやFSKを叩くための仮想ポートらしい。

(1-2)MMTTYとEXTFSKをゲット
http://www.geocities.jp/je3hht/mmtty/
EXTFSK一式はMMTTYをダウンロードしたWebからダウンロードできます。
ダウンロードしたら、MMTTYをセットアップしたフォルダにコピー。
64ビット版のWindowsの場合は、OBAさんのWebにあるEXTFSK64がお勧めです。
http://www.qsl.net/ja7ude/extfsk/

【備忘録その2】MMTTYのセットアップ
(2-1)MMTTYの設定は、MMTTY設定のみデフォルトから変更
・Sound Cardタブ
… マイク(4-USB Audio Codec),スピーカ(4-USB Audio Coadec)を選択
・その他タブ
… サウンドループバック=OFF、送信ポート=サウンド+COM(FSK)
・送信タブ・・・Port=EXTFSK64 Radio Command=Port=None
その他は初期値でOK
・EXTFSK 2.0eのウィンドウ設定
Port=Standard COM portのポート番号,FSK output= RTS,PTT output= DTR
その他はチェック無しに設定

【備忘録その3】FT-991の設定

(3-1) FT-991のSETUPメニューを次のように変更
071 DATA PTT SELECT= DTR
072 DATA PORT SELECT= USB
098 RTTY SHIFT PORT= RTS
110 SSB PTT SELECT= DTR
111 SSB PORT SELECT= USB

この設定を行えば、リグ内蔵サウンド・カードの出力が電波となって出るようになる。対象モードは SSBとDATA-L/-U。
DATA-L/-UはSSBとは異なる特性のフィルタがかかるので、運用モードに応じて要調整かも?
モードはRTTYにするとFSKになる.全てのバンドでRTTY-Lで運用(FSK)、RTTYをASFKで運用したいときは LSBにすればOKです。

続・WIRES-Xノード局検索エンジン

速報です,WIRES-X版のノード局検索システムが動き始めました.
WiRES-II用と使い方はほぼ同じです.以下のWebサイトにWIRES-XとWIRES-IIのノード関係の情報が見られるメニューが集まっています.ガラケーからもアクセスできると思います.

http://jq1yda.org/i/

WIRES-XノードのID設定アイデア

C4FMでは、D-STARのように送信時に局名(コールサイン)が自動的に送信され,相手局トランシーバのディスプレイに表示されます.
FT1DやFTM-400Dの電源を初めてONにしたときにはまずコールサインを入力するように促されます.このときに入れられる文字数は10文字まで.たとえば JS1CYIとかJS1CYI-123 などというように入れます.

ところで,WIRES-Xノード局の場合は,ノードIDという設定項目があり,ここにコールサインとは別にノードIDという文字列が同じく10文字登録できます.このIDはノード局をトランシーバ本体の機能で検索する場合の手かがりとなるものです.
このノードIDの初期値は コールサイン-ND(例 JQ1YDA-ND)となっています.これは自由に変更できるのですが,最近,WIRES-XのALL JA CQ ROOMを観察していて,「これはいいなぁ!」と思うのがあったので紹介しましょう。
それは,JL1CTA局がやっていた都道府県を示す二文字をコールサインの後にハイフンに続けて入れるというものです.たとえば,東京でしたら コールサイン-TK 神奈川でしたら コールサイン-KN になります.この二文字は、APRSのデジピータのSSn-NのSSの部分にいれようとJAPRSXが提唱しているもので,下表のように定められています.この表に習って設定すれば,ノード局がどの県から出ているのかコールサインを見るだけでわかるようになりますから,便利かもしれません(特にトランシーバ本体のノード検索機能を使う場合).移動局などノード・アクセスする側のコールサインにこのような設定をしても意味はないかもしれませんが,ノード局だとFBだと思います.
そのほかに,C4FMで運用しているノード局を意味する JQ1Y**-C4Fなどという表記も見かけたことがあります.アナログFMモードで運用するノード局だと JQ1Y**-FM という感じになるのでしょうか.
■ アクセスするリグのコールサイン設定に応用する 
以上はノード局のID設定の話ですが,アクセスする側でも応用が可能でしょう.TK-JS1CYIにしてもあまり意味はないと思いますが,JS1CYI-TK (JS1CYIは東京から出ているよ)なんて設定するとカッコイイかもしれません.

■SSn-N 割り当て一覧表
所轄 コード 都道府県 コード
北海道総合通信局 HK
( 8エリア ) 北海道 HK
東北総合通信局 TH 青森 AM
( 7エリア ) 岩手 IT
宮城 MG
秋田 AT
山形 YT
福島 FS
関東総合通信局 KA 東京 TK
( 1エリア ) 神奈川 KN
埼玉 ST
千葉 CB
茨城 IK
栃木 TG
群馬 GM
山梨 YN
信越総合通信局 SE 新潟 NG
( 0エリア ) 長野 NN
北陸総合通信局 HR 富山 TY
( 9エリア ) 石川 IS
福井 FI
東海総合通信局 TO 愛知 AC
( 2エリア ) 岐阜 GF
静岡 SO
三重 ME
近畿総合通信局 KK 大阪 OS
( 3エリア ) 兵庫 HG
京都 KT
滋賀 SG
奈良 NR
和歌山 WK
中国総合通信局 CG 鳥取 TT
( 4エリア ) 島根 SN
岡山 OY
広島 HS
山口 YG
四国総合通信局 SK 徳島 TS
( 5エリア ) 香川 KW
愛媛 EH
高知 KC
九州総合通信局 KS 福岡 FK
( 6エリア ) 佐賀 SA
長崎 NS
熊本 KM
大分 OI
宮崎 MZ
鹿児島 KG
沖縄総合通信事務所 ON 沖縄 ON
( 6エリア )

 

WIRES-X版ノード・リストとルーム・リスト

WIRES-X版のノードリストとルームリストは八重洲無線のWebサイトにも掲載されていますが
JQ1YDA(東京WIRESハムクラブ)のWebサイトではアクティブノード・リストに加えてWIRES-X版のALL JA CQルーム(ルームID: 20510)の接続局一覧も見ることができます.
ノード検索エンジンのWIRES-X版については現在プログラムを作成中で,まもなく登場するようです.

■ WIRES-X ALL JA CQ ROOM (20510ルーム)接続局Now!
http://jq1yda.org/i/db-x/20510room.html

■ WIRES-XラウンドQSOルーム・リスト
http://jq1yda.org/i/db-x/x_activeroom.html

■ WIRES-Xアクティブ・ノード・リスト
http://jq1yda.org/i/db-x/x_activeid.html

新スプリアス規定と無線局の免許手続き

久しぶりの投稿になります.このところ多忙でどうしょうもないです(^^;
それはさておき,VoIP無線を始めたときにこしらえた社団局や女房の免許が2回目の再免許時期にさしかかっています.一部は電波を出すことがほとんどないので,再免許しませんでした.その一部の社団局は,運用するような余裕ができたら新規に免許申請しようと思っています。その関係で,気になっていたのが一部で話題になっている新スプリアス規定です.結論から言えば、比較的新しい無線機じゃないと今までどおりの手続きでは免許されなくなるという規制です.
ちょっと調べてみました.

ウンチクやら策定趣旨は別として,免許制度上の実務的な面に着目してみねと…
● 平成19年11月30日以前に製造された無線設備(無線機)については、その使用期限は平成29年11月30日まで(それ以降は保証認定で免許)
● 平成19年11月30日以前に製造された無線設備(無線機)で新規開局もしくは変更の手続きをおこなう場合には、平成29年11月30日までは、「当該無線機が平成19年11月30日までに製造されている無線設備である旨を明記して」申請をおこなう(経過措置)
※ 現在のところはこの件を明記しないでも申請が通っています。
● 再免許(免許の更新)の場合は今のところ従来通り
ということだそうです.情報ソースはこのサイトです→http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/2-2_Regulation/20070903.htm
■ 新規に局免許をオロスときや変更申請のとき,H.19.11.30以前に製造された無線機で申請するには?
その,平成19年11月30日以前に製造されたかどうかなんて無線機には書いてないので,判断が難しいのですが,一応,それを調べるサービスが総務省のサイトにあったので,それで判断すると面倒なことにはならないようです.許可するかしないか決めるのは役所の仕事ですから・・・ 以下それを意識して臨む手順です.

1) 工事設計欄に書く無線機の技術基準適合証明番号(技適番号)を根拠に平成19年11月30日までに製造された無線機かどうか調べる
総務省の検索サイト( http://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=js01 )で技適番号だけを入力して検索するといつ技適を取ったのかわかります.
例えば,平成19年11月30日以前に製造された旧スプリアス規定の製品だと,検索結果の「スプリアス規定」の覧に「※印」が付されます.
※印が付された検索結果例→ FT-857DM(旧)  ※印がない例→ FT-857DM(新)
ここに「※印」が付されなければ新スプリアス規定に沿って設計された無線機と判断して,そのまま工事設計欄に技適番号を書くだけでOKと考えられます.
余談ですが,メーカーでもこのあたりを意識して技適番号をWebに載せています( 八重洲無線 ・ アイコム ).

2) 工事設計に書く無線機が平成19年11月30日までに製造された無線機だったとき
 申請書の備考欄に当該無線機が「平成19年11月30日までに製造された無線機である」旨を記入すればOKだそうです.自分の場合,事項書の備考欄(15.)に「第n送信機,第m送信機は平成19年11月30日までに製造された無線機です.」と申請書に書くことになりそうです.ただしこれも平成29年11月30日(Xデー)までに行う新規開局,無線機入れ替えなどの変更申請に限る期限付きです.この調子だと,Xデー以降の再免許申請も古い無線機が含まれているとすんなりとはいかないような気がします.
※ 現在のところはこの件を明記しないでも申請が通っています。

平成29年11月30日以降の申請はどうなる?
その後はどうなるかは,ロビイ活動や関係各所の動きしだいという感じでしょうか.でも制度の趣旨からいって,スプリアスの関係なのでアマチュアだけが例外というのも考えにくいような? しかも国際的な取り決めとのことです.その証拠にXデーのちょうど5年後の平成34年12月1日以降は旧スプリアス規定の無線機は改良して対策を行うか、旧スプリアス規定下で製造された無線機でも新スプリアスで使えることをそれを証明しないと使い続けることはできないと総務省が発表してしまっています.でもこのような経過措置になったこと自体,ありがたいことかもしれません.
 今、旧スプリアス規定に沿って製造された無線機でもJARDなどの保証機関の保証を得られれば使い続けることができる制度の構築が着々と進められています。保証を得るためにはいくつかの方法があり、費用もちょっとだけかかりますが、古い無線機は何らかの手続きや対策を行えば使い続けることができます。
「Xデー」を迎えたとき には,TSS(株)による 保証認定制度でと発表されていますが,策定趣旨からすれば,送信部が新スプリアス基準の関係をクリアすることを保証しなければならないと思うわけで,保証機関TSSがOKを出しそうなレベルの一定の対策(改造)を自ら行って写真か何かでそれを証明するか,メーカーに対策を依頼して対策済みの書類を得るなどして保証してもらう,なんてことを想像してしまいます.このあたり,どうなのか,謎です.
なんにせよ,古い業務無線機やパーソナル無線機なんて,容赦なく産業廃棄物になっていきますから,自己解決の道が開かれていること自体,唯一「アマチュア無線」だけに許された解決策ということでポジティブに考えたいものです.

以上,メモ的な内容でしたが参考までにて.

※2016年5月に追記・変更したものです